意外と知らない!?愛鳥の餌に使われている原料11種の起源や栄養に迫る


カナリア

日本にはいつ頃やって来たの?どんな栄養があるの?

穀物の小さな粒に込められた秘密を知ろう


齋藤屋では現在愛鳥家の皆様に向け、セキセイインコ用の「いんこ」、カナリア用の「かなりあ」、文鳥用の「ぶんちょう」の3種類の餌をご用意しています。そしてこの3種類の餌ではひえやあわを始めとした、11種類の原料を使用しています。

鳥の餌には穀物や種子が使われているので名前は聞いたことがあるけれど、実際にそれらの穀物や種子がどこからやってきたのか、どんな栄養があるのか知らない…という方も多いのではないでしょうか?記念すべき齋藤屋ぶろぐの1記事目ではそんな方に向けて、齋藤屋の餌に使用している原料11種について簡単に説明していきます。




玄ひえ(玄稗)

玄ひえ(玄稗)



ひえはイネ科ヒエ属の植物・ひえの種子です。原産は東アジアでその歴史は非常に古く、日本には縄文時代に中国から伝わり、それ以来食べ続けられてきたと考えられています。

ひえは名前の由来が「冷え」だといわれるほど寒さに強く、稲や麦が育てられない高地や寒冷地でも育てられる穀物です。また穂のままで保存しておくと長期間変質しない性質があることから、主食のほか不作や飢饉の時の食料となる救荒作物(きゅうこうさくもつ)としても利用されてきました。

ひえは栄養価が高く、白米と比べると食物繊維、ビタミン類(ビタミンB6・パントテン酸・ナイアシンなど)、ミネラル(マグネシウム、亜鉛など)が多く含まれています。

なお玄ひえの“玄”には玄米の“玄”と同じく、「精穀精製を行っていない」という意味が込められています。



玄あわ(玄粟)

玄あわ(玄粟)


あわはイネ科エノコログサ属の植物・あわの種子です。起源は中央から西アジアで、日本では縄文時代から栽培されていた、ひえと並んで日本最古の穀物だと考えられています。

あわの名前は「風味が淡いこと」に由来していて、クセがなくあっさりしていて食べやすいといわれています。あわには米と同じくモチ性とウルチ性があり、おこしやぜんざいといった菓子に利用する際はモチ性、米と混ぜて食べる際はウルチ性のあわが適しているといわれています。なおあわの野生種はエノコログサ、いわゆるネコジャラシではないかと考えられています。

あわもひえと同じく栄養価が高く、白米と比べると食物繊維、ビタミン(パントテン酸・ビタミンB1など)、ミネラル(鉄分・マグネシウムなど)が多く含まれています。



カナリアシード、カナリーシード

カナリアシード

(カナリーシード)


カナリアシードはその名前の通り、古くからカナリアをはじめとした鳥の餌として使われてきました。多くの鳥が好むことから餌として使われることが多いものの、一部の地域では雑穀としておかゆなどに混ぜて食べることもあるそうです。