愛鳥にはどんな病気があるの?鳥によく見られる病気やその症状、対策法をまとめて解説


突然ですが、「愛鳥と生活をするにあたって避けたいけれど、誰しもが避けては通れない話題」といえばなんでしょうか?

そう、それは愛鳥の病気です。人間にもさまざまな病気があるように、鳥にも多くの病気が存在します。そしてそれらの病気は自宅で治療できるものから、時に入院が必要になるものまで存在します。

愛鳥と1日でも長く一緒に暮らしたい、と考える愛鳥家の方は多いことで

しょう。大切な愛鳥の健康を守っていくためには、鳥ならではの病気やその症状、病気にならないようにできることなどを知っておくことはとても大切です。

この記事では愛鳥によく見られる5つの病気やその症状、そして病気にさせないためにできることを解説していきます。



1・アスペルギルス症

アスペルギルス症は、カビの1種である「アスペルギルス」の胞子が原因となって起きる呼吸器系の症状です。人にも動物にも感染する可能性がある人畜共通感染症(ズーノーシス)で、カビが発生しやすい梅雨~夏の湿度が高い時期には特に気を付けたい病気の1つです。

鳥の中では猛禽類(もうきんるい)やペンギン、大型のインコがかかりやすく、小型の鳥ではかかりにくいといわれています。しかしセキセイインコではしばしば感染例が見られるため、病名や症状だけでも覚えておくと良いでしょう。


症状

○元気や食欲が無くなり、やせてくる

○口を開けて呼吸する、喘鳴(ぜーぜー、ひゅーひゅーといった音がすること)など

対策

○羽根や糞などに付着したクラミジアを吸い込まないように、こまめに掃除をする

○体力をつけるため、日頃からバランスの取れた餌を与える

○運動不足になって体力が落ちないように、日頃から適度に運動をさせる

○餌や鳥が使うグッズにカビが繁殖しないように心がける など



2・クラミジア症(オウム病)

クラミジア症(オウム病)は「オウム病クラミジア」が原因となって起きる、人畜共通感染症です。その名前からオウムだけがかかる病気のように思えますが、実際にはあらゆる種類や年齢の鳥で感染・発症する可能性があります。

人に感染すると高熱や咳などの風邪に似た症状が現れ、重症化すると肺炎を引き起こすこともあります。鳥を飼っていて風邪に似た症状が続いている時は、一度鳥を飼っている旨を伝えて病院にかかってみても良いかもしれません。


症状